回答 ― 労働安全衛生推進事業 ―

Q013ヶ月ほど前に「年間完成工事高契約」に加入しましたが、先日、ミドリ安全株式会社から、突然、安全用品が送られてきました。なぜ送られてきたのでしょうか。また、受け取っても構わないものでしょうか。
A01当団では、平成28年4月から、新たに「労働安全衛生推進事業」を開始いたしました。
この「労働安全衛生推進事業」において、建設現場における労働安全衛生環境の整備に役立てていただこうとの目的で、「労働安全衛生用品の頒布」を開始いたしました。
安全衛生用品は、年間の掛金及び契約年数に応じて頒布を行っておりますが、実際の頒布業務については「ミドリ安全株式会社」に事務委託を行い実施していますので、何らご心配いただくことなくお受け取り頂き、ご活用いただければ幸いでございます。
詳しくは下記URLをご参照下さい。
http://www.kyousaidan.or.jp/safety/index.html
Q02工事現場に女性専用トイレを設置する場合には、共済団から助成金が出ると聞きました。助成金を受けるための要件はありますか。また、どのような書類を提出すればいいのでしょうか。
A02平成28年4月から「労働安全衛生推進事業」の一環として、建設工事現場に女性専用トイレを設置された場合(リースでの設置を含みます)、これに係る経費の一部を助成する事業を開始いたしました。
助成は1保険契約者様について1度限りで、設置経費の1/3以内、10万円を上限としています。
この助成をご希望されるご契約者様は、下記URLをご参照下さい。
http://www.kyousaidan.or.jp/pdf/woman_print.pdf